車、お金、カード紛失、トイレの詰まり、生活の中のトラブル対策をご紹介。専業主婦歴25年のベテラン主婦が発信中。

Tag Archive 廃車買取業者

青い車

車の処分に困ったら:廃車について

今まで使用していた車が、動かなくなってしまったとか、事故に遭ってしまったなど状態に陥ることがあります。そうなると、どのようにして車を処分していいのか分からないというトラブルが発生してきます。

車の処分に困った時の解決策として、廃車を行うということが挙げられます。では、廃車はどのように行えば良いのでしょうか。その方法について、自分で行う方法と業者に依頼する方法を解説いたします。

自分で廃車をする際の手続き方法

スクラップ業者に解体を依頼

廃車をする際の一つの方法として、自分で廃車手続きを行うという選択肢があります。では、自分で廃車手続きをするにはどういった手順を踏めば良いのでしょうか。
まず、廃車にするべき車を解体するところから始めましょう。解体することについては、自分で行うことができません。そのため、スクラップ業者などに解体を依頼してください。

スクラップ業者に車の解体を依頼すると、その処理が終わった際に「車を解体した」という旨の報告があります。その報告があった日と、移動報告番号という番号を控えておいてください。これが後々の手続きで必要になります。

陸運局で必要な手続きを行う

車が解体されたことが報告されれば、車が廃車になったことを証明するための手続きに行きましょう。手続きを行う場所は、車を使用している地域を管轄している陸運局の窓口になります。

窓口に行く際には、必要書類を揃えましょう。その書類として、車所有者の印鑑証明、ナンバープレート、車検証、先ほど紹介した解体報告日と移動報告番号のメモ書きが基本的に必要です。

陸運局で上記の書類に加えて、手数料納付書や申請書を陸運局内で用意して窓口へ提出します。書類に不備等がなければ、廃車手続きが受理され、公的な面でも廃車が完了します。

参考に→自動車検査・登録ガイド

廃車後の書類は大切に保管しておく

陸運局での廃車手続きが終了すると、その廃車手続きを証明する書類を交付してくれます。軽自動車の場合は、自動車検査証返納証明書というものであり、普通自動車の場合は登録事項等証明書という名称の書類です。

上記の書類は、車を廃車したということを証明するために必要な書類です。ですので、必ず大切に保管しておきましょう。もしも手元にそれが無ければ、自賠責の返戻金請求など、必要な手続きができずに損をする可能性があります。

ただ、紛失をしていたとしても、陸運局で再発行手続きはできます。紛失した場合は速やかに再発行しましょう。

廃車買取業者に依頼する際のコツ

高い値段で買取してくれるところを選ぶ

廃車の処分のもう一つの方法として挙げられるのが、廃車を買い取ってくれる専門業者に売るという方法です。廃車買取業者に引き取ってもらうことで、個人で処分するのに比べて様々なメリットが出てきます。

そのメリットの一つが、廃車に値段がつくという点です。価値の無いような廃車でも、値段がつきます。そしてその点を意識して、高い値段で買取をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

高い値段で買取をしてくれる業者さんは、数店舗の業者を回ったり、買取価格の相場を理解したりしておくことで見つける可能性が高まります。

買取価格の相場を知ろう

廃車の買取価格を知ることは、高い値段で買取をしてくれる業者を見つける方法の一つです。

複数の買取業者に見積もりを取ってもらうのはいい方法に思えますが、じつは非効率な部分もあります。
なぜかというと、一括査定などで申し込むと、複数の業者から一気に電話がかかってくるからです。
それでもいいという方は、申し込んでみましょう。

多くのネットワークを持つ業者に売ろう

廃車買取業者を選ぶ上で、その業者がどれほどのネットワークを持っているかを見ることも、とても重要になります。それは、廃車の売却をスムーズにするだけではなく、その買取価格にも影響するからです。

多くのネットワークを持っている廃車買取業者は、それだけ販売網が広く、買い取った廃車を確実にお金に変えられる力があると見れます。それゆえに、廃車を買取してくれる価格も高めに設定してくれる可能性が高いのです。

この点から、その業者のネットワーク量も調査したり情報を仕入れたりしましょう。そしてネットワークが広いほどに、その業者は優良業者である可能性が高いです。

まとめ

車が廃車になってしまったとしても、今回紹介したような方法を使えば、その処分に困ることはありません
優良な廃車買取業者であれば、損なく、むしろお金がもらえますので、とてもオススメな処分の方法です。ぜひ試してみてください。

 

Tags, ,